スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総会準備会と食事会で行ったルーマニア料理のレストラン 

3月25日、総会準備会と食事会のイベントとして、福島さんからご推薦のあったNewmansでのディナーを予定していたのすが、、この不況にも関わらず、大人気でテーブルが確保できませんでした。
参加者は臼井会長、荒木さん、佐々木さん、そして私の4名。

お値段は決して安いレストランではないので、この大人気の秘密は「値段」ではんなくきっと美味しいに違いないと確信。
また横丁のような狭く怪しい通りの突き当たりにレストランがあるのですが、そんな隠れ家的な雰囲気も不況知らず人気の
ひとつかもしれません。
食事はしませんでしたが、私はロゼとチーズをバー・カウンターでいただきました。

NewMans.jpg
隠れ家的なロケーションも人気の秘密?

***

じゃ、どこのレストランに行こうか?
と、悩むところでしたが、
荒木さんが「ここに来る前にルーマニア・レストランの前を通ったんだけど、どうだろうか?」と提案してくださいました。
これまでの人生、一度も食したことのないルーマニア料理!
一体、どんな味なんだろうと興味津々でレストランに向かいました。
Newmansから徒歩3分で到着。

レストランの名前は、「Sammy's Famous Romanian Restaurant」

後日、友達に聞いたところ、、JEWISH料理で有名なレストランだそうです。
満席ではありませんでしたが、程よい込み方でグループの方が多かったです。
写真が壁中に貼られて、蛍光灯の光が豪華な雰囲気というよりはアットホームな庶民的な雰囲気を醸し出していました。
また、おじさまが自らキーボートを演奏し、ジャズナンバーを唄っておりました。♪~
ピアノじゃない点もとっても庶民的で私個人として楽しめました。

***

お料理については、メーリングリストで荒木さんがグルメ雑誌以上のコメントを書かれていたので、それを掲載します。

『行き当たりばったりで入ったあのルーマニア料理、見た目に関わらず美味しかったですね。あのチキンレバーは、病み付きになりそうです。レバー独特の臭みも無く、キャラメル色になったたまねぎの味とマッチし、ライ麦パンにつけて食べたあの味は忘れられません。そして、にんにく好きの人ならよだれを垂れ流すあのソーセージ。私はその晩、別のベッドで1人で寝ました。心残りはunborn eggを使った料理ですが、これは次回ですね。ただ、ワインはまあまあだったので、今後はあの氷詰めのウオッカを浴びるように飲みましょう!!』

liverwaiter.jpg
チキンレバーはウェイターさんが私達の目の前でボールの中に入った材料をぐるぐるかき回してからサーヴされました。

***

仕上げにウェイターさんがボールの中に入れたなぞの黄色の液体!卵の黄身??↓↓↓
chicken fatinbottle


これはチキンの脂肪だそうです!臭いはありませんでした。


ところで、ウォッカのボトル全体が氷に覆われていたのを他のグループの方々は飲んでいました。
想像するに、水を型に入れ、それにウォッカのボトルを入れて、冷凍庫で凍らすのだと思います。
荒木さんの知人の方の情報によりますと、氷詰めのウオッカは水のようにガブガブ飲めるそうです。
試してみたいですね~。

***

食事の合間に臼井会長を中心に総会の準備について話し合いがありました。
総会の詳細については後日、連絡が行くと思いますので、お待ちください。


***

思いがけずに食したジュエッシュ・ルーマニア料理!
美味しかった!
今回、行けなかった方はぜひ足を運んでみてください!
後悔はしませんよ!

Sammy's Famous Romanian Restaurant

157 Chrystie St
New York, NY 10002
(212) 673-0330

コメント

菊楽さん、

報告記事ありがとうございます!

ドタキャンすいませんでした。。

あ~あそこですね。ちょっと下に下がったところの。
ナイスチョイスです。

学生のころChrystie に住んでいたので行った事あります!懐かしい。

うわぁ、、、、 行きたい、、、

しかし、ちょっと遠いなぁ。

矢野さん?

福島さん

残念でした。

そうです!ちょっと下に下がったところのレストランです。
今度、氷ウォッカを飲みに行きましょう!!

矢野さんですか?
お久しぶりです。

こんにちは、中林です。
私も荒木さんのメーリスのコメントを拝見して以来、ニンニクとウォッカが頭から離れません。

そして菊楽さんの記事をみて、心底「いいな~」と思ってしまいました。

やっぱりNYは食文化も奥が深いですね。
帰国後、神楽坂とかいろいろ連れて行ってもらいましたが、何か感動がないんですよね。

ちなみに日本は今日から新年度です。今年はめずらしく入学式まで桜がもちそうです。

Freemansに最初に到着した時はさほどの混み具合ではなかったのにみるみるうちに人の山。全員が揃うまではテーブルについけないとまずはバーカウンターに落ち着くことに。飲めない人間が極めてうす~いWine Splitzerを注文。菊さんが顔を見せる頃にはほろ酔い気分(一杯だけ)。

Sammy'sは雰囲気も楽しく、料理も見た目よりはるかに美味しかったのは感激でした。あそこは当たりでした!!新しいものにはなんでも興味があるのですが実はLiverなど「下手物」(偏見)はダメなのです。知らなければ食べていたのでしょうが。。

神楽坂と聞けば料亭と芸者の町と。。(?)
もともと下町芸者が流れて行ったようですね。実家近くの吉町芸者もその流れ。幼少の頃、黒板塀に三味の音、芸者を乗せた人力車は日常茶飯事でした。数はめっきり減りましたがそれでもまだちらほらと。。。

はい、そうですよ。ここでのハンドル、違ってましたっけ? あっちこっちに顔を出すもんで、、、 自動的にこのハンドルが出てたので、以前、これで出てたんだと思い込んでしまってました。失礼しました。

いえいえ、どんどん書き込んでください。
(実はスパムかと思って拒否ボタン押すところでした。)

最近多いんですよね。。あ、臼井さんの書き込みはすぐ分かりますがw

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nysundaikai.blog25.fc2.com/tb.php/88-f7409b3e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。