スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jake Shimabukuro 

何となくブログが止まっちゃいましたね。
そこで、前回のBirdlandネタの続きで、またまたライブネタを書かせていただきます。

大統領選の翌日、11月5日に、GramecyにあるBlender Theaterに「Ukulele Wah Wah」というイベントを観にいきました。出演者5組は全てウクレレプレーヤーで、トリがメインアクトのJakeでした。

Jakeが出てくるまで約2時間4組のアーティストが演奏しました。ukulele.jpg
それぞれ個性があって面白い反面、正直少々飽きてしまいました。
しかしその後のJakeの神業としか言いようのないプレーにすっかり魅了され、いまだに興奮しています。

Jakeは普通に舞台に登場し、
それから当たり前のようにものすごい演奏をしjake01.jpg jake02.jpg jake03.jpg
演奏終了後は自分で片付け、さらにファンと気さくに話し、サインや写真にもごく普通に応じてくれました。日本では考えらない光景です。その場の雰囲気で私もCDにサインをしてもらい、ついでにツーショット写真までとらせてもらいました。jake04.jpg jake05.jpg jake06.jpg

前回のBirdlandの話の中で、矢野さんからライブでの写真という話を振っていただいたので、今回は遠慮なく写真をとってきました。また、福島さんに「Jakeとのツーショット写真」という悪知恵?をつけていただいたので、ついつい本当にやってしまいました。

日本ではこんなあまりライブとかに行っていなかったので比較できないのですが、アメリカではこれが普通なんですか?

コメント

なんだかこちらまで興奮が伝わってきそうなエントリーですね!

どんな曲演奏したんですか?ディストーションかけてロックなウクレレ?

全体的には結構ロックなウクレレでした。
でも今Japan Tourの真っ最中なのでウクレレを琴に見立てて「さくらさくら」を演奏したり、マイケルジャクソンのスリラー発表から25周年記念でスリラー弾いたり多彩でした。

ワタシ的(この的の使い方は日本です)には、まったく普通に感じますよ。こういう風にファンにサービスしないエンターティナーこそ、異常です、だから、どんどん明治の校風を発揮して、積極的にアプローチすれば良いと思います。

ちなみに、私は昨年六本木で偶然和田アキコの会って、同じノリで話して写真を撮ってもらいました、今年、ハーレムでコンサートしたんですよね。あの時、「来年NYに行きたいのよ」なんて言うので、名刺を渡したんでしたが、こっちが転任になってしまって。もし、まだNYに居たら、きっとアポロシアターでの写真をアップできたでしょうに、、、、

矢野さん、コメントありがとうございます。
矢野さんのおかげで私のNYエンターテイメント・ライフは間違いなくグレードアップしてきています

和田アキコはアポロシアターでコンサートしましたよね。

ところで、私はアポロシアターには変な思い入れがあります。NYに来て2週間目くらいに、NYに立ち寄った友人と一緒にハーレムに行きました。その際、アポロシアターの前で、友人は「アポロシアターだ」と感動していたのですが、私はアポロシアターの名前しか知らず、まさに「猫に小判」状態でした。

この日自分の無知を痛感したのをきっかけに、せっかくNYにいるのだからもっと見識を広げてNY生活を楽しもうと思うようになりました。
だからアポロシアターときくと今でも妙にワクワクします。

アポロシアターなつかしい。アマチュアナイトまだあるんでしょうか?
前説のときにお客をステージに上げるんですが、昔踊った(踊らされた)覚えがあります。

常連の子供とかは練習積んで来ているのでここぞとばかりに技を見せ付けるんですが、僕の番になって「どこから来た?」と聞かれたのでふざけて 「From Japan」ではなく New Jersey って答えたらMCハマーを演られて踊らされた苦い思い出が。。 (写真撮っておけばよかった)

MC Hammer - U Can't Touch This
http://www.youtube.com/watch?v=b9nptjUs9FM

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nysundaikai.blog25.fc2.com/tb.php/69-f0d5cede

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。