スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森宮ゼミ31期近藤です 

 はじめまして。森宮ゼミナール31期の近藤勇斗です。
 今回はお忙しい中、このような会を儲けていただきありがとうございます。実際にそちらに伺うことはできませんが、この会を通して良い経験が積めればと考えています。

 アメリカの音楽、芸術、現地での生活などについて質問したいなと思っています。
 
 当日を楽しみにしています。よろしくお願いします。
 
 
 

コメント

近藤くん、

アメリカの音楽、芸術、現地での生活<どんどん聞いて下さい。

日本の状況も知りたいですね~

どんな音楽聴いてる?

そういえば今日

http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g47732-d502766-Reviews-Nick_s_Pizza-Forest_Hills_New_York.html 

にピザを食べに行ったときにフランクシナトラがかかっていて、「日本の曲ってレストランのBGMになりそうな曲少ないよな~、飲み屋の演歌はあるけど」って話をしてました。(<意味分かる?)

近藤くん、

音楽、芸術ですか。。。私とは違いなかなかの文化人ですね。時折クラッシック音楽や美術館には出向くことはありますが。芸術とはほど遠いですが山岳/風景写真にはある程度力が入ります。

コメントありがとうございます

福島さん、
返信ありがとうございます。

たくさん質問させてもらいます 笑
僕はロック、ジャズ、フュージョンをよく聴きます。
具体的にアメリカの人でいうと、
Red hot chili peppers,
Nirvana,
Miles Davis,
Marcus miller,
をよく聴きます。

あとマイケルジャクソンなんかも聴きます。
どうでしょうか?一つでも共通のものがあればいいのですが。


フランクシナトラは・・すいません、知りません。
勉強不足でした。

たしかに、いわゆるJ-popや歌物と呼ばれるものの中にピザに合う曲は少ないですよね。
日本はピザを含む、イタ飯屋、居酒屋やラーメン屋でも今はジャズなんかが主流です。

そう思うと、日本の曲ってBGMに合わないですね。

 また同じような話になってしまうのですが、今の日本には生の音楽、芸術を発表する場、簡単触れられる場が少ないと思っています。
アメリカではどうでしょうか?地下鉄の通路の脇で演奏を行っている人々がいるなんて聞いたことがあるのですが。










コメントありがとうございます

臼井さん、
返信ありがとうございます。

 悲しい話なんですが、僕は文化人なんて高尚なものではなくてただの出不精でインドアなだけなんです。

臼井さんは山岳、風景写真などアウトドアなご趣味をお持ちのようなので、是非、ご指導ご鞭撻のほどをお願いします。



実際に美術館に足を運ぶこともあるということなんですが、アメリカの美術館はどうでしょうか?
僕の勝手なイメージだとデカイ、広いという感じなんですが。

また、もし現地で「こんな面白い文化活動があるぞ」というものがあれば教えて下さい。

それでは






近藤くん、

フランクシナトラ、別にiPhone に入れていつも聞いてる訳では無いですよ。。ただ、ピザ屋で流れていたのが意外で、良かったので。近藤君のリスト大体分かりますよ。

特にオススメの曲は?YouTubeのリンクを下さい。マイケルジャクソンはHuman Natureとか?

NYはライブ大小いっぱいありますよ~
僕は元々はハードロックなので基本的にギターです。
こんなんとかつい最近までバーで2ドリンク付きで15ドルで見れました。
http://www.youtube.com/watch?v=F1K7rjBA7eU Mike Sternは元Miles Davis?
http://www.youtube.com/watch?v=WE4TCD4MFF4
http://www.youtube.com/watch?v=Rs-MvAmycso&feature=related

Van Halen 再結成や Loundness のBB King ライブに行ったり、なぜか沢田研二も聴いてますが。。
http://www.youtube.com/watch?v=njAVHH7_9WM


(つづき)

パフォーマンス、地下鉄でもやってますよ。確かにNYは音楽、ダンスその他ライブが安くていろいろ楽しめるのがいいですね。

と支離滅裂ですが、個人的にもこんな活動に参加していて、
http://www.j-collabo.com/public/member_detail.php?id=11〈=jp
DJ: http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=127941613
瀬河さん: http://www.bway.name/dpny/artist2.htm
そして和太鼓: http://www.youtube.com/watch?v=ISFAcyXPq98
という人たちと何か出来ないか検討中。

ギャラリーは上のブログの3ページ目にも写真が載ってますが<ほんとは撮影禁止
NY近郊のDia Beacon とかピクニックがてら結構いいですよ。
http://blog.kosukefujitaka.com/2008/06/diabeacon.html

でも実は昔にクラシック?の作曲の勉強してました。

臼井さんにも僕の曲聴いていただきましたよね。

近藤くん、

まあインドア派にアウトドア志向を強要するには無理がありますよ。。それぞれ良さがあるのでその分野を楽しむのが一番。インドアの分野は福島君に預けますので情報をいろいろ吸収することです。

確かに当地の美術館は日本のそれと比べると広いのは間違いなし。その分展示が広範囲に渡り楽しみも増大することも間違いなし。大きさを具体的表現すれば。。鑑賞の仕方によっては数日かかるといっても過言ではない(?)。

写真はこのデジタル社会にあってまだフィルム使用。アンチデジタル!大判カメラを背に時間任せにあちらこちら。写真と絵画に共通する重要なところは構図作り。これには一苦労。でもこれが楽しいのです。
一コマの写真撮影に長時間も。。。忙しい現代社会では貴重です~。

福島さん、

確かに聴かせてもらいました。涙が止まらない程感激でした。。。(?)

あれ、臼井さん終わった後どちらかというと(?)って顔してたような記憶が。。

そんな失礼なことは。。

顔には見せず心で泣いて。。。

実はそのときのビデオ持ってますよ。

ビデオでは心まで映らないでしょう。

確かに。でも後から見てその時の気持ちを思い出すことは出来るかも?

返信ありがとうございます

福島さん、臼井さん
返信ありがとうございます。

福島さんの曲のお話で盛り上がっているご様子ですね。

どんな曲なんですか??
もしよければ、僕にも聴かせてください。




続き

二年ほど前、代々木公園で和太鼓の演奏会(和太鼓は演奏でいいんですかね?)を見たことがあります。
その時はかなり圧倒された覚えがあります。

ダンスはあまり詳しくはないのですが、和太鼓と組み合わせると面白いものができそうですね。








Dia Beacon 良いですねー。



近藤君いろいろどうもです。

明日の資料ここにまとめたんですが一番下に曲あります。他にもイベントの音楽監修?もしてるので載せてみました。
http://www.j-collabo.com/public/member_detail.php?id=11&lang=jp

と思ったらYouTubeがメンテナンス中でアクセス権変更できないので明日以降のお楽しみ?ということで。

次の次の次のページ辺りにDia Beacon の写真も載ってます。

まあ何事も一概には言えないということ。by 高校時代の担任(政経卒)



続き2

臼井さん、

数日間もかかるんですか??笑
それだけ大きいと一度に何個か展覧会できそうですね。

どんな展覧会が開かれているんですか??



返信ありがとうございます

福島さん、
返信ありがとうございます。

さっそく見てみます!




少し話はずれるのですが、
http://jp.youtube.com/watch?v=fP5yGZHBga8
のも好きです。
よし良ければ。

空耳アワーもちろん好物ですよ。

今友達とこれ見てメールで盛り上がってました。

150キロの球を打つ速読の女教師
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2929260

また明日。

近藤くん、

http://www.metmuseum.orgを見てみてはどうでしょう。

このページ一番下にある僕の曲、聴けるようにアクセス権変更してみました。

http://www.j-collabo.com/public/member_detail.php?id=11〈=jp

折角なつかしいやつ上げたので臼井さんも改めて感想聞かせて下さい。

上の臼井さんのコメント、リンク送るなんてかなりデジタル?僕のコメントかと思いましたよ。

また聴いて心で泣くのですか?

デジタル化は前に言ったでしょう。額に汗して。。。ほら頭に白いものが。

泣くか笑うか首を傾げるか、頭で考えるよりまずは聴いてみる、ですよ!

臼井さんもその当時と変化しているかもしれないし。

さて変わったでしょうか?

私の頭で考える能力があるかどうか。。?

おつかれさまでした。

動画見れてなかったんですね。。。
http://www.j-collabo.com/public/member_detail.php?id=11〈=jp

折角なのでお時間のある時に他の動画も感想お願いします。

その他今回の動画、写真等準備出来次第公開します。

本日はありがとうがざいました

 おつかれさまです。

 お忙しい中、本当にありがとうございました。良い経験ができました。

 動画は見れたのですが、音声が。。。

 今回の経験を次回に生かせれば良いですよね。
重ねてですが、本日はありがとうございました。


 福島さん、
他の動画もいくつか拝見させていただきました。

 150キロを打つ女性。
この方は何者なんでしょうね。
そもそも速読を教える先生がいるということに驚きました。笑

もしこれが科学的に立証されたら、誰が監督だろうとWBC二連覇は夢じゃないですよね。


 次に資生堂の映像なんですが、すごいの一言です。
気になったことが一つあります。これは新作の発表会ですか。それともメセナ活動の一環だったりするのですか。
 どちらにしてもこの映像は僕にとって、衝撃的でした。特に、近づくとメイクが落ちていく?女性の映像と水玉が映し出された映像に乗る壁には驚かされました。
どのような仕組みになっているのですか??










伊藤さんのお話の「5分以内に返信」は無理なので30分に挑戦。

近藤君見てくれてありがとう。ちょっとだけ救われた気が。。

音の問題>NYからの会議中の声全般てこと?

メーキャップが新しくなったのでNYと神宮外苑とパリで。(Sounds かっこいいけど裏方は大変)
僕は音楽とビデオそして水玉に見えるけどテキストが降ってくるやつ担当。
顔のやつは透明な面に顔のパーツを分けて印刷>縦に並べてた。
テキストレインはビデオカメラで取り込んだ画像に文字部分を重ねて
跳ね返りはプログラミング。これはアーティストとのコラボです。

今回のテレビ会議なめてました。どうもすいませんでした。
そういえば僕の卒論もインターネットを使った日本にいる双子の弟との
コミュニケーション実験の失敗のレポートだったような。

こんな人もいるのでよろしく~

あとひとつ。ある活動のどこまでがメセナでどこまでがPRか分けるのは難しいですね。

若手デザイナーやアーティストを支援しながらPRになったりその逆もあるので。

その企業の哲学が感じられるってこと?

空耳見てたら思い出しました。
http://www.thesheepfactory.com/movie/himawari.htm
月曜日に一緒に飲んでたランディーさん作。

ところでWBCって星野監督は無くなったの?

返信ありがとうございます

福島さん、
 音響の問題なんですが、全体的に雑音が混じっていて、聴きとりづらい印象はありました。アメリカ側は聴き取れました?

 資生堂のビデオ
このプログラミングするのにどれくらいの時間を費やしたのですか?
学生のころからこのようなことに関して勉強していらっしゃったのですか?

すいません。また質問ばかりで。。

 メセナに関してですが、哲学を感じられるというのとはまた少し違うのですが、ただメセナ活動であったり、若いアーティストを支援したりすることは必要だと思っています。先日の会議でもそのことについて福島さんや臼井さんに伺おうと思っていたんですが。。。
もしよろしけばご意見聞かせてください。

すいません。説明不足でした。アメリカでの企業の文化活動支援についての取り組み、考え方について です。

音響はこちらのマイクの問題ですね。課題リストに入れておきます。

コンピューター触りだしたのはアメリカに来て作曲を勉強してからです。プログラミングは2度目の大学院入ってからですね。「プログラミングは語学の習得と似ているところがある」と考えると文系でも入っていけますよ。

また、コンピューターは融通が利かないので、こちらが「なんで言うこと聞いてくれないの?」といくら思ってもロジック的に間違えがあると動きません。ペットや赤ちゃんと接するのと同じで相手に「なんで~」と思うのは無駄で、分かってもらえるようこちら側が接し方を変える必要があります。

メセナについてですが、日本企業のアメリカでの話ですか?資生堂のでいい?現状?それとも歴史?考え方は企業ごとに違うでしょうし、例えば企業内でも地域ごとに違っていると思います。そのときの景気にも左右されますよね。これ以上ここでは 笑  問題ないところだと:

資生堂CSR [資生堂の社会的責任]
http://www.shiseido.co.jp/csr/indexp.htm

資生堂の企業文化
http://www.tansei.net/casestudy/no15/shiseido/main.htm

化粧品業界の巨人からのメッセージ
http://www.messagejp.com/archive/pages/archive12.html

北京オリンピックの開会式のディレクター、蔡國強さんを結構昔から支援していたはず。
http://www.shiseido.co.jp/csr/stakes/soc_mecenat.htm

ほらPRになっちゃった。。

ちなみに僕の明治の論文て政治学原論のゼミなのに音楽と社会がテーマだったような。
これ引っ張り出して http://blog.livedoor.jp/robahiro2000/archives/17801336.html

でも民主主義についてはそれなりにまじめに考えてますね。だからインターネットだっていうのもあるし。

さて、近藤君はメセナが必要だと言われてますが、なぜ必要だと考えますか?

遅くなってすいません

福島さん、

返信ありがとうございます。
資料見させていただきました。

 質問の答えになりますが、まず「芸術、音楽に多く触れること、読書をすることが良い人間を作る」と考えています。

しかし芸術に関していえば、現状では提供する側がまだ少ないというのが実感です。
ここで企業に頑張ってもらって増やしてもらうのが現状では一番良いかなと思います。

みんながお手軽に生きた芸術に触れられる環境するためにメセナも必要。というのが僕の意見です









近藤君、

おもしろいトピックですよね。

考えをまとめるので返事ちょっと待ってね。

考えがまとまらないので思いついたことを書いていくことにしました。

近藤君の考えではアートの分野に限って作品に触れる機会が少ないということですよね?

多分日本の東京でって事でしょうか?
それとも地方も含んで?

場が少ないと感じるのは需要の問題も大きいと思います。
スポーツも同じですが裾野が広がっていないと局地的な現象で終わって
なかなか発展していかないのでは。

他のコメントにも書きましたが、
http://nysundaikai.blog25.fc2.com/blog-entry-56.html#comment176
こちらの大学では総合大学に必ずといっていい程芸術系音楽系学部があり、
音楽芸術を理論的体系的に教える土壌があります。
僕の行っていたNYUでは教育と実践両方に力を入れてました。
http://steinhardt.nyu.edu/
http://www.tisch.nyu.edu/page/home.html

と考えると企業だけに背負わせて解決する問題ではないのでは?と思ったり。

企業だと長期的なビジョンでアーティストを育成する姿勢を保つのは
難しいと思います。まだ世に出ていないアーティストをサポートする際でも
ある程度実績が無いとサポートしませんよ、たぶん。なので教育かな?と。

あと、幅広い分野で人材を育成、配置しておくことはアメリカのリスク管理の戦略なのかも。
リスク分散になりますからね。

例えば今日のように金融分野がピンチでも日本程には総悲観にならなくて済むのが
アメリカの強みですね。

かといってお金がないと、特にライブのイベントは成立しないし。。持ちつ持たれつです。
(オンラインだとタダで配信できますが)

返信ありがとうございます

福島さん、
返信ありがとうございます。


僕の考えでは、拝観料、交通費、軽食代、全て含めて2000円前後で楽しめるっていうのがベストなんです。

例えば、新国立美術館に行くとして、
地元の駅から乃木坂までの往復540円、
拝観料は現在行われているので1200円 http://www.nact.jp/exhibition_special/2008/Wien/index.html
軽食代は260円 缶コーヒーとパンってとこでしょうか。

資生堂ギャラリーに行くのなら、
駅から有楽町までの往復540円
拝観料は無料 
軽食代は1460円。
これなら有楽町イトシアでうまいもん食べれそうですね。良いなー

と、話はそれましたが、こうも言ってられるのは東京ぐらいかなと思うんです。全体的に見て東京とそれ以外の地方には差があり過ぎるのではという意味でまだ少ないと思います。

そう考えると、企業だけで解決することは難しいかもしれないですね。

現在、アートに力を入れている市として金沢市が注目されているのですが
http://www.kanazawa21.jp/ja/index.html このような街が増えるといいなと思います。

近藤君、

新国立美術館のページ見てみました。建物に圧倒されるね。。

税金で建てられてる箱が多いんだろうなあ日本は。。僕が日本にいたときは美術も音楽学校もなんだか高尚でお固いイメージでちょっと合わないな~という感覚がありました。うまく言えないけどなんだかロックじゃないんですよ、ロックじゃ。(依田くんだとロック>パンクになるのかな?)

こう現実を挑発してる感じがないというか、日常をかき回すのがこういうのの役目の1つだと思うので。

僕の地元の茨城にも水戸に美術館があって、調べたら「納豆チョコ」なるものが!

(ここにいって 4 short films をクリック。http://www.tsdo.jp/flash.html
ってなんか地味だよな~

木曜日のNY紫紺会 New Museum 訪問のレポートもおたのしみに。

返信ありがとうございます

箱の問題は結構ありますよね。。。
建てるだけ建てて、結局使われていない多目的ホールが日本では多いらしいです。

僕の地元でも大きなホールがあって、よく落語やコンサートが行われているんですが、結局大きな箱を建てた分を回収するのにお金がかかるのでしょうね。入場料が4000円くらいします。
これじゃ、なかなかお手軽とは言えません。

建てることは良いことだと思うのですが。。

近藤君こんにちは。

New Museum のレポート、写真の承認?待ちでまだ載せられないのでつなぎで野球と仏壇載せてみました。

箱があってもやる側としてはそこでやることに何らかのメリットがないとやる気が起きないですね。

宣伝、お金、名誉、大勢のお客さん、少数でも理解のあるお客さんなどなど。やる側とこれら(お金や名誉も)が相互に刺激し合って盛り上がっていくのが理想かな?

なんらかのメリットが無いとできないですよね。もしメリットが無くてもやり続けるには今の日本では難しいかもしれません。
北野武監督の最新作「アキレスと亀」みたいな状況でしょうか。

質問なんですが、日本のアニメーション、マンガを海外の人はどうとらえてるのですか??
芸術と捉えてたりするのですか??

アニメ、マンガは特にグラフィックや動画をやっている人は影響を受けている人が多そうですね。
こちらには無い日本独自に発展してきたものだから興味をもたれるんだと思います。

NEW YORK - TOKYO というのを taeko b. さんがやられているのですが
http://www.newyork-tokyo.com/wp/
いろいろなアニメ、ゲーム、映画、ロボットなどいろいろNYに紹介しています。

僕が見に行って一番印象に残っているのは「マインドゲーム」です。
http://www.youtube.com/watch?v=komogmVEez8

タケシの映画おもしろかった?

福島さん、
返信ありがとうございます。

マインドゲーム拝見させていただきました。作画が松本大洋のような感じがしますね。途中でリアル画を挟んだり、日常の中に明らかに非日常のキャラクターが入り込む設定良いですね。
僕もこういうの好きです。

申し訳ありません。「アキレスと亀」はまだ見てません。ストーリーは何となく知っているのですが。


僕が最近、見終わったのが「攻殻機動隊」です。
もしよければ見てみてください。
http://www.veoh.com/videos/v1453357xKHcFxeH

攻殻機動隊、実は見たこと無くて。。NYTKのbabaさんのところでAppleseedは見たんですが。。こっちで人気ありますよ、攻殻機動隊。

http://www.youtube.com/watch?v=tRD2PH4W7tk
http://www.youtube.com/watch?v=u66tt_u-6Ng

夏頃に J-COLLABO で球体関節人形 のビデオ作ったんですが、イノセンスとかパプリカとか見てから編集すればよかった。

http://www.youtube.com/watch?v=T3M1Dr0bnRc

今度攻殻機動隊見てみます。

でも僕はマインドゲーム派かも。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nysundaikai.blog25.fc2.com/tb.php/27-7840d211

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。